『猫でごめん!』いえいえ、可愛いので許します

猫と女子高生

犬の嗅覚、ウサギの聴覚、馬やチーターの走力など、異種族の力を使えればどんなに便利だろうと考えた人も多いでしょう。猫の能力を持った女子高生が活躍する『猫でごめん!』(永野あかね)が無料漫画アプリ「マンガKING」で読み放題作品として大好評公開中です。

本作の主人公は女子高生の白石やよい。ただし、物理教師の父親が発明した物質転送器で猫と一体化したことで、猫の能力を持ってしまいます。

そう、まんま映画『The Fly』なのですが、その辺りは作者の自覚もある模様。と言うか知らない人の方が少ないかもしれませんね。

猫の能力とは

当初はネズミに反応したり、魚に喰いついたりの奇行が目立つものの、ジャンプ力があったり、爪で引っかいたり、猫と意思の疎通ができたりと便利なところも多々あります。

興奮すると猫耳や尻尾が出てしまうのですが、それ以外の外見には変化がありません。ただし発情期になると、雄猫を呼び寄せてしまうので月に一度は大変なことになってしまいます。

恋する乙女

そんなやよいですが、ハンサムで成績も優秀な同級生と両想いの関係です。ただし肝心の相手が猫アレルギーを持っているため、なかなか深い関係に進めません。

一時は父親の発明により猫と分離もできたりするのですが、それも長続きしないんですよね。もっとも本人も猫生活を迷惑に思いながらも楽しんでいる部分がありそうです。

マッドサイエンティストの父親達

高校で物理教師となっている父親ですが、話中では様々な発明を行っています。どれ1つでも大稼ぎできそうに思えるんですが、なかなかそうは行きません。発明する才能と金儲けの才能は別なんでしょうね。

またライバルも登場。こちらは化学教師でありながら、世界征服を企むまっとうな博士なのですが、その志は少々小さ目の様子。

アイドル本人じゃなくってサインってところがねえ。なお、講談社の「週刊少年マガジン」などで1989年から1993年に連載された本作。キョンキョン(もちろん小泉今日子さん)の登場は当然です。異論は認めます。さて、今なら誰になるのでしょうか。

ところで世界征服の目的がスキヤキとかアパートの家賃って、高校教師ってそんなに貧乏なんでしょうか。変な発明に精を出すのではなく普通に働こうよと言いたいです。

どうなる恋の行方?

両想いのやよい達なのですが、それぞれにライバルが登場し三角、四角どころか、五角形にも六角形にもなっていきます。

果たして恋の行方はどうなるのか。そして彼氏の猫アレルギーは克服できるのか。ぜひ漫画アプリ「マンガKING」で読んでみてください。

マンガKINGは持ってなきゃ損?!その理由とおすすめ作品を紹介します