二人の男が命を懸ける時に歴史が動く『男弐』

天才軍師の山本勘介

歴史を動かしてきた男達の生き様を描いた『男弐』(原作:小池一夫、作画:伊賀和洋)が、無料漫画アプリ「マンガKING」で読み放題作品として公開中です。

男と男の関わりを描いた本作。まず登場するのが武田晴信(後の信玄)と山本勘介です。“ヤマカン”の語源とも言われる山本勘介ですが、実在する人物とも架空の人間とも言われています。最新の研究ではモデルとなった人物はいたとのこと。その辺りは今後の研究を待ちましょう。

ライバルの上杉謙信

もちろん武田信玄の宿敵となる上杉謙信も登場します。こちらも信玄の統率力と勘介の頭脳を併せ持ったような才人。実際の歴史とは異なるのかもしれませんが、川中島などで丁々発止の攻防を繰り広げています。

そうした中で「これはないだろう」なんて武器や道具も登場するのですが、漫画なりの表現や演出ってことで納得したいところ。

最近の研究では織田信長の鉄砲3弾撃ちもなかったそうですし、今後の調査では意外な武器や道具があったことが判明するかもしれません。

主人公の交代

集英社「ビジネスジャンプ」にて連載されていた本作。連載が長期間に至ったことで、主人公が武田信玄と山本勘介から徳川家康と服部半蔵に交代します。

展開としては、勘介が半蔵に討たれることで信玄は表舞台から去り、家康と半蔵が中心に描かれていきます。

信玄と勘介では果たせなかった天下取りを家康と半蔵が成し遂げるところは、4人で1つの物語を形作っているとも言えそうです。

舞台は幕末へ

半蔵の命が潰えた時、一気に江戸時代の末へと舞台がすっ飛びます。ここで登場するのが後に新選組をなした近藤勇、土方歳三、沖田総司の3人です。つまりは「男弐」のタイトルと異なってしまうんですよね。

ただし土方歳三を中心として、まず沖田の最後までを描き、その後に近藤との関係を描くことで、やや複雑な形ながらも“男弐”を成立させています。

最終回に土方歳三が北海道で亡くなるのは史実通り。分かっていても残念なばかりです。

魅力的なヒロインも登場

タイトルこそ“男”ですが、「男の陰に女あり」などと言うように、武田信玄、山本勘介、土方歳三、沖田総司を動かす一因として、それぞれに女性が現れます。

いずれも魅力的な女性達ばかりなのですが、歴史の流れとして必ずしも幸せになっていないのが惜しいところです。そんな男女関係もぜひ漫画アプリ「マンガKING」で読んでみてください。

マンガKINGは持ってなきゃ損?!その理由とおすすめ作品を紹介します