話題作『阿修羅ゲート』の魅力🔥

【あらすじ】「阿修羅ゲート」ってどんな作品?

呪術師たちが人間のようなものを生成しようとしている。
しかしそれは失敗に終わったようだ。失敗作となったものがゴミ捨て場に捨てられていた。失敗作は目を覚ましてそのままどこかに歩き始めた。そのまま本屋の横で眠りこけているとおばあさんがそれを発見する。

失敗作の少年はそこで8年間を過ごして成長した。今ではおばあさんの店のお手伝いもやっている。失敗作の少年はおばさんにカイトと言う名前を名付けられたようだ。
ある時本屋に物騒な男がお客さんとして入ってくる。この男は本を乱暴に扱ったりしていた。しかしこの男に文句を言う事はどうやらこの世界では禁止されているらしい。

男は国家直属の傭兵、「修羅」に所属する者だった。
男は歴史書を探していたが、おばあさんに売ることはできないと言われる。男は後悔することになると言って出て行った。

本屋はいつの間にか火の海に包まれている、どうやら男が火を放ったらしい。
おばあさんも瀕死の状態になっている。カイトは激怒して男に突進していった。

カイトには「阿修羅」の紋様が浮かび上がっていた‥…

【見どころ】阿修羅ゲートの面白い部分を解説!

マンガKING連載作品の中でもダントツに面白い阿修羅ゲート。その魅力を徹底解説していきます‼️

1.緊迫したストーリー

出だしから謎の研究室から廃棄された主人公。主人公はカイトと言う名前をつけられ大人になっていきます。失敗作だったはずの主人公にどんな力が秘められているのか、これからの展開に目が離せません✨

2.敵対する組織

この世界を牛耳っていると思われる修羅。彼らには何か後ろ暗いことがあるようで過去の歴史を抹消したいようです。その修羅でさえ恐れる阿修羅と言う存在。現代世界では修羅と阿修羅はほとんど同一の存在とされているようですが、この世界ではどういった区別がされていると言うのでしょうか。

3.過去にあった消したい歴史

この世界では修羅たちは圧倒的な力を持っているようです。そういった者たちなら過去に何があっても普通なら揉み消せるんじゃないでしょうか。つまりここで言う隠したい歴史とはそういったレベルにはないこと。隠された力士とは今の世の中を逆転させるほどの力を持ったものなのだろうか💭🤔

4.キャラクターたち

失敗作ながらも自分の意識を持って旅立ったカイト。この世界ではものすごく重大なアイテムとなる歴史の本を扱う、カイトの名付け親のおばあさん。そして強大な組織修羅。彼らはどういった運命をたどるのでしょうか。

5.イラスト

この世界では人間風な種族のカイトと他に獣人的な種族が存在するようです。旅の途中で出会ったテルは悪党の仲間をやっているようですが少し可愛らしいですよね。こういった魅力的なキャラクターが作品の幅を広げていると思います🌱😳

【まとめ】

今回は阿修羅ゲートの魅力を紹介しました。旅はまだ始まったばかり。
カイトはどこから来たのか、そしてどこに向かうのか?強大な修羅と戦う術はあるのか?

続きが気になった人はマンガKINGで読んでみてください‼️

【おまけ☆彡】マンガKING で読むことのメリット

・冒頭部分無料💸✨

マンガKINGの作品は冒頭の3話までが無料で読むことができます。
最初の部分を試し読みして自分に合った作品を探すことができるので非常に便利です!

 

・最新話が最速で公開🆕✨

マンガKINGは他の電子書籍のサイトよりも早く公開している作品が多いです。好きな漫画をいち早く読みたいと言う人にはオススメのアプリです🌟

さらにマンガKINGにはサブスクでプレミアムプランがあります。マンガKINGの作品が好きだと言う方は課金を検討してみて下さい😆🔥

マンガKINGは持ってなきゃ損?!その理由とおすすめ作品を紹介します