美人女教師の『マイナス』感情がエスカレートする

才色兼備の女教師

残酷な描写が話題となった漫画『マイナス』(山崎紗也夏)が無料の漫画アプリ「マンガKING」で読み放題で提供中です。

主人公は高校教師の恩田さゆり。若くて美人でスタイルもよいことから注目され、性格も良いため周囲の先生方や生徒達から人気となっています。ただし冒頭から異様な行動も目に付きます。それは彼女が人から嫌われたくないと常に考えているからでした。

トラウマの原因は?

彼女がそんな思考を持った原因は幼少期のできごとがあります。父親から受けた虐待で死ぬほどの目にあった彼女は、周囲の人間から嫌われないことを第一に考えて行動するようになってしまったのです。

そんな感情を抱えたまま20年近くも暮らしてきたことが不思議ですが、自分の手に負える範囲で八方美人を演じ続けるのも不可能ではないのでしょう。

ついには生徒にまで

嫌われないことを目的にするあまり、トラブルを起こした生徒をこっそり呼び出して凶行にも及んでしまいます。

この時、単なる障害沙汰にとどまらず行き着くところまで行ってしまうのですが、その推移はぜひ「マンガKING」で読んで欲しいところです。

何でも言うことを聞きます

同僚の先生に「嫌われるのが怖い」と考える彼女の性格を知られてしまい、なんでも言うなりになってしまうことも。

この辺りはギャグですね。エロ漫画なら性的な方向に進むんでしょうけど、同僚が女性であったことでコミカルな具合に進んでいきます。もっともこの同僚教師も恩田さゆりの過激な感情に気づいて離れていくのですが。

秘密を共有する関係

もちろんそんな状況を抱えたままでいられるわけもなく、生徒の1人に秘密を知られてしまいます。

で、警察沙汰になるかと思いきや、生徒自身もどこかゆがんだ感覚を持っているため、いびつな関係が続きます。後から振り返れば、この頃が恩田さゆりにとって一番楽しい時季だったのかもしれません。

話題になったあの場面

小学館「週刊ヤングサンデー」にて連載されていた本作。雑誌掲載時に話題となった場面があります。それは恩田さゆりと生徒達が山で遭難してしまう話。

迷子になった少女も含めて4人で野宿するのですが、少女が崖から転落死してしまいます。飢えた恩田さゆりは少女を……。

と、ここまで明かせば想像がつくでしょうか。当初単行本に未収録となっていましたが、アプリ「マンガKING」では読むことが可能です。

“嫌われたくない”がエスカレートする

その後も彼女の“嫌われたくない”行動が続くのですけれども、何をやっても一時的な効果にしかとどまらず、ついには周囲に見放されてしまった彼女はトラウマの原因に向き合うことを決意します。

そんな彼女が選んだ行動は何か。ぜひ漫画アプリ「マンガKING」で読んでみてください。

マンガKINGは持ってなきゃ損?!その理由とおすすめ作品を紹介します