ちょっと待った! それ漫画にして大丈夫⁉︎知っておくべき広告漫画のデメリット 

今や広告漫画は色んな場面で目にすることが増えました!漫画形式の広告は、興味を持ってもらいやすく、とっても目立ちます。ホームページに長々と文で書かれた情報は、読む気なくなりますよね…。

漫画なら、短い内容で大切な部分だけ切り取って知ることができます!広告漫画は

 

コンテンツとしても面白く、漫画文化の根付く日本人にはとても親しみやすいのではないでしょうか。

漫画広告は…

 目立つ!

 分かりやすい!

 面白い!

メリットだらけですよね!広告漫画…!!

いやいや、ちょっとまってください。実は、知られていないデメリットもあるんですよ。

「こういう時は、漫画広告じゃ効果ないかも…」というケースをお教えします!

 

 

1.漫画にすることで、細かく伝えられなくなる 

まず、漫画広告には特徴があります。メリットにも関連しているのですが、広告漫画は「分かりやすい」ということです。つまり、一番重要な部分をピックアップしてストーリーと関連付けてPRしています。裏を返せば、本来文章で商品の魅力について思う存分説明できるものが、漫画にすることで重要な一部分しか伝えられません。

同じスペース量で、どちらが多くの情報を伝えられるかは一目瞭然ですよね…。テーマを絞ることが難しい場合、広告漫画にしても十分に効果が発揮されないかもしれません。

2. ブランドイメージにそぐわない場合

 漫画は、広い世代に渡って浸透しており親しみやすさを感じます。庶民的なイメージの漫画は、高級感を打ち出したい場合などには逆効果になることがあります。誰に、どのような目的で使ってもらいたいのかターゲットと商品イメージを明確にすることが広告漫画で失敗しないためのコツです!

ここまでくると、なんでもかんでも漫画にすればいいという訳ではないということがわかってきましたよね。

3. 即納が難しい

 先ほどまであげてきたデメリットを考慮した上で、広告漫画を試してみたいと思ったあなたに最後に注意点があります!それは、即納が難しいという点です。

漫画家は、ストーリーやキャラ設定をゼロから組み立てるため、ハイクオリティーな広告漫画を求めるほど、かかる期間は相応のものになります。

 

広告漫画を作りたいけど、どこにお願いすればいいの⁇

3つほどデメリットを上げてきましたが、やっぱり魅力的ですよね、広告漫画!だって、まず商品に興味を持ってもらえるんです。

いくら魅力的な商品でも知ってもらわなきゃ意味がありません。

デメリットも多い広告漫画ですが、しっかりとプロに頼むことで最大限にその効果を発揮させることができます。フリーランスから大手企業まで広告漫画を作成している会社はたくさんありますが、その中からいくつかの会社をピックアップしてご紹介します。

・「フーモア」

イラスト会社ならではのクオリティの高さと、3000名以上のクリエイターの作画からぴったりのイメージに仕上げることができるのがフーモアです!大手企業のため実績も十分!安心して任せられること間違いなしです。

・「マンガKING PR MANGA PROMOTION」

作って終わりじゃない、制作からアプリ「マンガKING」で配信までできちゃうというのが、「マンガKING PR MANGA PROMOTION」です!制作費も優しい上にPRまでセットでできるなんて、広告漫画を試して見たい!という人にぴったりです。

https://www.rocketstaff.com/service/manga-promotion/

・「アドマンガ」

日本一の制作実績を誇るのが「アドマンガ」です!創業30年ということもあり、これまでに培ってきた確かな実績とノウハウは広告効果を最大に引き出してくれるでしょう!

ビジネス漫画のプロにまかせたい!という人は「アドマンガ」がおすすめです。