女子高あるあるが詰まったTL漫画「白薔薇の園」

ガールズラブと教師×生徒のラブと言えば女子高あるあるの恋愛パターンです!その王道のラブストーリーが1巻完結で楽しめるのが「白薔薇の園」。1作目はイケメン女子と小柄女子のガールズラブ、2作品目は教師×生徒の禁断のラブストーリーになっています。

1.1話目あらすじ&感想

主人公は女子高教師の立木。立木がある日見てしまったのは、「かわいい顔。かわいい足。かわいい真樹」と言って、女子同士でキスしている場面でした。

それだけではありません、その後二人がエッチをしているところを最後まで硬直状態で見てしまった立木は激しく動揺します。なぜならば、その二人は立木の受け持ちの生徒だったからです。

一人は高身長のイケメン美女の由那、もう一人は小動物系女子の真樹。その未知なる生物に混乱した立木でしたが、生徒同士の恋愛なので口出しはしないようにしていました。

しかし、それからというもの二人のことが気になってしょうがない立木。ある日廊下でイチャついている二人を見て限界に。そしてつい、「そういうことは家でやってくれ」と口をはさんでしまったのです。

言ったそばから後悔する立木。謝ろうとしたところ、由那から話があると呼ばれます。美女で淡白な目をした由那に苦手意識があった立木でしたが、由那が本気で真樹を好きであることを知り、ちゃんと恋愛しているのだと思った立木は、それならばああいうことは家でやりなさいと注意し、立木と由那は笑顔で分かれました。

その後、由那は真樹への真面目な思いを告げ、真樹からも同じ思いであることが分かり、二人はハッピーエンドになるのでした。ガールズラブのお話しですね。TLコミックならではのエロさはあまりありませんでした。

ストーリーもエッチシーンも淡々とした感じで、さらっと書かれています。でも、この作品はそこが良かったです。絵がさらっとしているのでストーリーと合うなと思いました。また、先生目線からのガールズラブという設定が新鮮で楽しかったです。

2.2話目あらすじ&感想

引き続き、主人公は高校教師の立木。学校では文化祭の準備中。演劇の練習で着物姿の生徒の戸ノ浦に見惚れて思わずキスをしてしまった立木は自分のしでかしたことに驚きます。

可愛かったから思わずしてしまったキスですが、教師という立場でしてしまったことに動揺が隠せない立木。一人でもんもんとしていると、戸ノ浦が目の前に。

あの時のキスについて話をしようとした立木でしたが、戸ノ浦はいつもと変わらない様子で講堂の使用許可書を渡しに来ただけでした。最近の女の子の考えていることが分からないと悩むことが馬鹿らしくなってきた立木は仕事で残業することに。

そこに現れたのは戸ノ浦でした。気にしていないと思っていた戸ノ浦は実はそうではなかったことが分かった立木は彼女に可愛いと思ってキスしてしまったことを正直に話します。

二人はそこで再度キスをして禁断の恋愛がスタートします。2話目は両想いが分かったところでハッピーエンドで終わりました。こちらの作品は続きが気になりました。二人がどんな恋愛をしていくのかを続編として出して欲しいです。

3.まとめ

漫画家の風原みくろさんの作品「白薔薇の園」は、収録された2作品とも女子高あるあるの禁断の恋愛設定で楽しめました。さらっとさくっと読めるのでちょっとした時間に読めて良いです。

ストーリーもドキドキする展開があってよかったです。こちらの作品は漫画アプリ「漫画KING」で無料で読むことができるので、気になった人はぜひぜひ読んでみてください。

無料漫画アプリ、マンガKINGのダウンロードはこちら

マンガKINGは持ってなきゃ損?!その理由とおすすめ作品を紹介します