【江戸前の旬】一流の板前になるまでの壮大な内容を描いたおすすめ漫画!

東京のお父さんが営む寿司屋で幼い頃から育った主人公「旬」は、2年ほどでほとんどの仕事を覚えてしまい、父を超える板前になる。

そんな寿司屋の板前にスポットライトを当てたマンガ「江戸前の旬」のレビューや感想について、詳しくまとめてみました。

板前のプロの技を学べる内容となっているので、是非とも興味がある方はご一読ください。

プロの板前を目指す主人公”旬”

昔は江戸と呼ばれていた東京では魚といえばやっぱり築地市場であり、そこでは毎日多くの板前が自身の目利きでその日に出す魚を選びます。

主人公「旬」も幼い頃から築地には何度も訪れており、魚の目利きはお手のもの。

父から教わった目利きのやり方や一流の寿司職人としての考え方など、マンガではそんな板前について詳しく学べるようになっています。

日々父のもとで腕を磨く「旬」は一流の寿司職人になるべく、毎日自分が作った寿司や買ってきた魚を父に目利きしてもらいます。

「すし処 みや古鮨分店」が漫画のモデル

この漫画の元となった実際の寿司屋は、東京は赤羽にある「すし処 みや古鮨分店」。

旬がいる寿司屋となんら変わらない、とても素敵な場所ですのでファンの方や一度でもこの漫画を読んで「旬」の寿司を食べてみたい!と感じた方は行ってみると良いでしょう。

実際に訪れることで、今以上に漫画「江戸前の旬」のストーリーに親近感が湧くこと間違いなしです。

ガッツ溢れる主人公”旬”の寿司が食べたくなる!

漫画「江戸前の旬」を読んでいると板前としての心構えや、あり方などを学べて大変勉強になると思います。

ストーリーが進むにつれて、主人公の「旬」も板前として成長していく姿が見れるので大変面白いです。

また、アプリ「マンガKING」を使って読むと無料で全巻読めるので、是非ともそちらをご利用くださいね。

マンガKINGは持ってなきゃ損?!その理由とおすすめ作品を紹介します