ラーメン好きよ!これを読め!!「喧嘩ラーメン」

こりゃ良かった! 勢いがあってテンポよく進んでいくのが面白い! 読んでいるとラーメンが食べたくなって仕方なくなる!そんな漫画が、「喧嘩ラーメン」。あ~、ラーメンが食べたい。

1.食の漫画家「土山しげる」氏

本作、漫画家の土山しげる氏の作品です。土山しげると言えば、グルメ漫画ですよね。有名な作品は「食キング」、「喰いしん坊!」、「極道めし」でしょうか。ドラマ化や映画化もされました。

「喧嘩ラーメン」は1995年6月の作品で、土山しげる氏の初期の頃の作品です。「週刊漫画ゴラク」(日本文芸社)で、1995年6月から1998年7月まで連載され、単行本は日本文芸社より全17巻で出ています。

だいぶ昔の作品ですが、この頃から土山しげる氏の得意な美味そうにガツガツ食べる描写がさく裂していて、面白くてハマる漫画です。

土山しげる氏の漫画って、料理を食べる表情やしぐさにこだわってて、豪快かつそりゃないだろと笑えるストーリーがいいんですよね。

ちなみに、作品のタイトルに「キング」を付けることにこだわっていて、「借王」(シャッキング)、「蛮王」(バンキング)、「食キング」(ショッキング)、「売キング」(バイキング)などの作品があります。読み方面白くないですか?

土山しげるワールドが満載なので、一度読むと結構ハマります。漫画アプリ「漫画KING」には土山しげる氏の作品がたくさんあって、無料で読むことができるのでお勧めです。

2.登場人物

源田義経
主人公。暴走族「沙羅満陀」の総長で、実家は関東にあるラーメン屋「がんてつラーメン」。リーゼント頭がトレードマーク。短気な熱血漢で、困っている人間を見るとほっとけない人情あふれる青年。

源田巌鉄
義経の父で、「がんてつラーメン」店主。手を怪我してから療養生活を送る。

義経の母
夫の巌鉄と一緒に「がんてつラーメン」を切り盛りしていたが、病気で倒れて義経が幼い頃に亡くなった。

牛嶋
巨体のラーメン職人。豚骨ラーメン作りを得意とし、義経がラーメン修行の旅に出るきっかけを与える人物。

レミ
レディース(女性暴走族)「女豹会」ヘッドで、義経の彼女。

ご隠居
「がんてつラーメン」常連の老人。義経にラーメン作りを指南する。

西山
「がんてつラーメン」に麺を卸している「西山製麺所」社長。製麺機が壊れてからは、義経に手打ち麺の作り方を教える。

3.あらすじ

関東のM市にあるラーメンの名店「がんてつラーメン」。その店の店主の息子である主人公の源田義経(げんだよしつね)は、暴走族の総長で、リーゼント頭がトレードマークの青年です。

ある日、義経が目を付けていた、レディースの「女豹会」ヘッドであり、不動産会社を経営する暴力団組長を親に持つレミを自分の女にしようと連れ去ります。

レミがいいところがあると言って義経を連れて行ったのは、レミの父親の事務所でした。レミの父親に「がんてつラーメン」を売ることを勧められた義経は、初めてラーメンに対する情熱を語り、ラーメンをその場で作ることに。

そのことがきっかけで、それまで興味のなかったラーメン作りに関わっていく事になります。ラーメンチェーン店の陰謀に巻き込まれて、「がんてつラーメン」の存亡を賭けたラーメン勝負を余儀なくされてしまいます。

義経はその対決に勝利し、義経のラーメンに対する意欲がますます強くなって、全国のラーメンを知るための武者修行へと出向くことになります。

しょっぱなから、予想を超えたぶっ飛んだ展開で笑えます。喧嘩っ早くてヤンキー上がりの主人公が、流しのラーメン屋になって各地でラーメン勝負をしていくのですが、そこに至るまでの展開が早いのなんのって。

暴走族がいきなりラーメン職人になっています。ちなみに、ラストの衝撃はネタバレしないでおきます。色々な意味で衝撃です。「喧嘩ラーメン」は漫画アプリ「漫画キング」で無料で読めるので、ぜひぜひ読んでみてください。漫画キングで絶賛連載中です。

無料漫画アプリ、マンガKINGのダウンロードはこちら

マンガKINGは持ってなきゃ損?!その理由とおすすめ作品を紹介します