【謝男】板垣恵介のカオス過ぎる学園マンガはアプリで無料で読める!

有名マンガ「範馬刃牙」を手がける板垣恵介が描いた新作「謝男」。

絵の描き方は範馬刃牙と変わらずの内容ですが、そのストーリーが今までにないほどのカオスさで話題になっているマンガです。

この記事では、そんなマンガ「謝男」のレビューや感想を詳しくまとめています。

“板桓恵介”が手がけるマンガ”謝男”

学園に突如現れた謝男。学園に突如現れた謝男。全校生徒の前で挨拶するも、いきなりの前代未聞の土下座により生徒全員の度肝を抜く。

その後、「ご覧の通り若輩であり未熟者、生徒のみなさん、どうかわたしを援助(たす)けてください」との一言を言い放ち、これまた全校生徒の度肝を抜くことになります。

このように絵のタッチは、「範馬刃牙」と変わらずで、よりリアルに感じさせるような社風となっていますが、内容はとても異質極まりないものとなっています。

異質な教師として学校に君臨する主人公「拝一穴」

前代未聞の土下座の後に「残るは祈願だ」と叫び、今度は国旗に向かって敬礼をかます主人公。

その行為を見て生徒たちは思わず背中を押されたと感じてしまい、全生徒が何もないところで前のめりになって倒れてしまうような現象を引き起こします。

物語の序盤だけでもこのような感じなので、やっぱり「板垣恵介」ぽさが感じられるマンガですね。

一言でいえばカオスなマンガ”謝男”

主人公の全校生徒の前での所業は、周辺のカラスまでも呼び込む大変な事態に。といったように、新しい教師として謝男は働くことになるのですが、2話目からかなり過激でカオスなことになるので是非とも読んで欲しいマンガです。

また、このマンガはアプリ「マンガ KING」を使えば、無料で読めるので是非とも試してみてくださいね。

マンガKINGは持ってなきゃ損?!その理由とおすすめ作品を紹介します