ミステリアスな主人公にハマっていくホストの物語「Deep Love REAL」

醒めきった眼を持つ18歳の青年「義之」が、過去の出来事から人生に絶望して訪れたのが渋谷のホストクラブ「プラチナ」でした。誰もが義之を「ホストに向いていない」という中で、プラチナのナンバーワンホストで経営者の拓は、彼の才能をいち早く見出して…。

1.「Deep Love REAL(ディープラブ リアル)」と「Deep Love(ディープラブ)」

「Deep Love」という少女漫画を知っていますか?本作は「Deep Love」の続編となっている漫画「Deep Love REAL」です。少女漫画の続編が少年漫画で連載されるという不思議な展開を見せている「Deep Love REAL」。

元々、「Deep Love」は携帯小説でした。当時携帯小説の中でも、最もヒットしていた一人であるYoshiが原作を手掛けた作品で、ストーリーは「アユの物語」、「ホスト」、「レイナの運命」、「パオの物語」の4部構成になっています。

映画化&ドラマ化もされています。このストーリーに漫画家の吉井ユウが作画し、少女漫画としてコミック化されました。そして今回ご紹介する「Deep Love REAL」は、原作とプロデュースをYoshiが、作画をTetsuが担当して少年漫画でコミック化されました

「Deep Love REAL」は、携帯小説「Deep Love」を原作にしていますが、ストーリー展開はほぼオリジナルで、ホスト業界にスポットを当てた内容となっています。初版発行は2005年2月10日で講談社から出版され、2004年から2009年まで週刊ヤングマガジンで連載された作品です。

2.「Deep Love REAL」の作画に注目

「Deep Love REAL」の作画のTetsuは、ペンネームは「こばやしてつや」です。深田恭子&堂本光一が共演したドラマ「リモート」の作者です。「Deep Love REAL」の人気の一つに読んでいて見やすい絵という評価があります。

主人公の醒めきった眼をした時の顔とホストとして顔のギャップが非常良く描けており、主人公の人物像や心情を上手く表現しています。(注:上記の画像は同一人物です!)ストーリーが結構ハードでドロドロした場面もありますが、この絵のおかげであまり汚いイメージを持ちません。そのため、女性でも読みやすい漫画です。

なお、ストーリー的にエロシーンはあります。そこはホスト&夜の世界のお話なので鉄板です。その描写もなかなか面白く、文字だけで表現しているシーンなどがあり、エロではありますが、ちょっと笑えます。この作品を読むきっかけも絵だったので、作画にもぜひ注目して読んでください。

3.見どころ

「Deep Love REAL」は全19巻で完結しています。こちらは、漫画アプリの漫画KINGで無料で読むことができます。絶賛連載中なのでぜひ気になった人は見てみてください。

見どころ①:過去の出来事から人生に絶望し、渋谷でホストとなった主人公の青年「義之」がホストとしての才能を開花させ、頂点を目指し成り上がっていく展開が早いのなんのって!そのためか、一気に読んでしまいます。紆余曲折とかないです。怒涛の如く成長する主人公に目が離せません。

見どころ②:展開のハードさが息を飲む。嫉妬、裏切り、競争、風俗、レイプ、薬物、自殺と黒い部分がてんこ盛りで、リアルな夜の世界を感じられます。薄っぺらい感じがなく、激しいホスト同士の売り上げ争いや、心に傷を抱えた客などのリアルが描かれています。

見どころ③:ミステリアスなアユの存在と、主人公「義之」の過去が気になって仕方がない。ちょいちょい出てくる二人の回想シーンがミステリアスなのです。「義之」の体の傷や醒めきった眼の真相が少しずつ明らかになる展開に引き込まれます。

見どころ④:超が付くほど丁寧にホスト用語やお水用語を解説してくれているので、その業界について詳しくなくても全然読めます。むしろ「へ~」と新たに知る用語に関心すらしてしまいます。

4.あらすじ

容姿端麗ですが、寡黙で、クールな18歳の青年の義之(よしゆき)が主人公です。義之は過去の出来事から人生に絶望し、醒めきった眼をしています。そんな義之が、今までと違う人生をと訪れたのが渋谷のホストクラブ「プラチナ」でした。

ホストクラブ「プラチナ」のナンバーワン兼経営者の拓(たく)は、義之を面接した時から彼の才能に気づきます。そして誰もが向いていないと言う中、義之をホストとして雇うことに。

そこでは義之の他2人の同期が合格し、共同マンションで済むことになります。義之は早速、新人ホストの登竜門であるキャッチを行うことに。無口で不愛想な義之には絶対にキャッチはできないと思った同期と指導係のNo2ホスト龍二(りゅうじ)の目の前で最初のキャッチで成功した義之。

キャッチの方法も含め、拓は義之へホストとして必要な所作を個人指導していたのでした。その指導のおかげもあり瞬く間に客の指名を取ることになった義之は、大型新人として注目を浴びます。

そこからは怒涛の如く義之の上りつめる様が描かれます。No2になるまでの展開はとても早く、義之の才能と成長がすごく感じられます。また、義之と同期の隆(たかし)との友情や、義之に嫉妬する同期の翔(しょう)の奮闘、後輩ホスト海斗(かいと)のプッツンからの暴走、ナンバーホストを目指すNo3圭介(けいすけ)との地位争いなどが繰り広げられます。

最後には義之の過去とアユとの関係が明らかになりますが、果たして義之はナンバーワンホストになるのでしょうか。そして義之の心の傷は癒えたのでしょうか。最終回のネタバレはしませんので、ぜひ漫画アプリの漫画キングで無料で読んでみてください。

無料漫画アプリ、マンガKINGのダウンロードはこちら

マンガKINGは持ってなきゃ損?!その理由とおすすめ作品を紹介します