命がけの麻雀に挑む「示談交渉人M」

「命って何なんだ?」この問いかけが最初から最後まで繰り広げられる、命懸けの勝負麻雀に挑む主人公「坂本次郎」の人間ドラマです。「海猿」、「ブラックジャックによろしく」を手掛けた漫画家「佐藤秀峰」が贈るハラハラドキドキの短編作品になっています。

1.「示談交渉人M」概要

著者:佐藤秀峰
巻数:全1巻(BAMBOO COMICS)
連載:近代麻雀ゴールド
出版社:竹書房
初版発行:2003年4月
ジャンル:麻雀劇画
おすすめ:漫画家「佐藤秀峰」のファンの方なら一度は読むべし!

2.漫画家「佐藤 秀峰」

言わずと知れた漫画家、佐藤秀峰氏の代表作は「海猿」、「ブラックジャックによろしく」です。ドラマ化や映画化もされているので、これらの漫画を読んだことがない人でも、内容を知っているという人が多いのではないでしょうか。

このお方、色々なジャンルの漫画を描きますが、共通しているのが「命」です。佐藤秀峰氏は命をメインテーマにした人間ドラマを描いているので、「海猿」や「ブラックジャックによろしく」、そして本作の「示談交渉人M」でも緊迫感があるストーリーになっています。

佐藤秀峰氏は、大学在学中から漫画家を志し、著名人のアシスタントを経て1998年に週刊ヤングサンデーに掲載された「おめでとォ!」でデビューをしています。佐藤秀峰氏は綿密な取材に基づいて作品を描いているそうです。

それもそのはず、主人公の設定が海上保安官や医者、特攻隊員など、多種多様なので、相当な情報収集をしているに違いありません。また、佐藤秀峰氏の描く絵は、人物の顔面筋肉や皮膚の弛みなどが詳細に描かれていて、作風にとても良く合っています。

そんな良作が多い佐藤秀峰氏の「海猿」、「ブラックジャックによろしく」に続く作品「示談交渉人M」を今回はご紹介します。「示談交渉人M」は漫画アプリ「漫画KING」で全話無料で読むことができます。衝撃のハードサスペンス「示談交渉人M」をぜひ読んでみてください。

2.ネタバレありのあらすじ

主人公の坂本次郎は、雀荘に入り浸り自堕落な暮らしを続けていました。そんなある日、雀荘での負けが込み、負けた分を「とあるバイト」でチャラにしてもらうことになったのです。

次郎は雀荘で「示談屋」を名乗る真島という男に声をかけられ、ある場所へ連れて行かれます。何も聞かされず連れてこられたのは、ヤクザとの命がかかった麻雀勝負でした。

その勝負では紆余曲折あり、次郎は生き延びることができたのですが、代わりに償いきれないほどの「罪」を背負わされることに。なんと、一緒に来た真島を自分の手で殺してしまったのです。

それは殺さなければ自分がヤクザに殺されていたためでしたが、その罪を背負い、人生が一変した次郎はまるで別人になります。次郎はヤクザの勝手な野心のせいで一方的に生き方を変えられたのです。

次郎は自分と真島を死の勝負に巻き込んだヤクザについて調べ、ある事実をつかんでからはヤクザとも対等に交渉できる切り札を持つことになります。

しかし、迷った末に次郎は、口止め料をもらって生き延びることではなく、自分と真島を陥れたヤクザを破滅させることを選ぶのです。そこから絶望的で破滅的な戦いを繰り広げていくことになります。

ネタバレですが、最終的には宿敵に麻雀で勝ち、宿敵の死をもって敵を討ちます。それまでの死闘が見ていてハラハラする展開となっています。何せ、命がけの麻雀なので。

3.見どころ

出版社が竹書房で麻雀雑誌に連載されていた作品なので、麻雀劇画によくある「ヤクザ&死」が本作「示談交渉人M」でも例外なく描かれています。ちょっと強引な設定に思われますが、ここは漫画劇画ゆえの王道パターンとして読みましょう。

そしてこちら、麻雀漫画ですが、麻雀を知らなくても楽しめる内容にはなっています。そして佐藤秀峰氏が描く作品に共通する主人公の「熱さ」があるので、佐藤秀峰ファンには特に楽しめるのではないかと思います。

ストーリーですが、冒頭からいきなり作品タイトルのM(真島)が死ぬという衝撃の展開になっています。全1巻の短編漫画なので、すぐに敵討ち&山場が始まるという展開なのでしょう。

真島の死以後は、次郎が主人公となって、真島が最期に残した「命って何だ…?」という言葉を胸に刻みながら麻雀で死闘を繰り広げていく内容になっています。

闘う場は麻雀ですが、根幹テーマは佐藤秀峰氏の作品全てに共通する「命」「生きる」という内容で主人公のドラマが描かれています。

次郎が真島を陥れたヤクザを破滅させる決心をしたところから、物語ががアツくなっていきます。真島が最期に残した「命って何だ…?」という言葉、最後の最後に宿敵のヤクザが「命って何だ…?」と口にします。連鎖なんですかね。なるほど、と最後に納得してしまいました。

4.まとめ

佐藤秀峰氏の短編作品「示談交渉人M」は、漫画アプリの漫画キングで無料で読むことができます。短編ではありますが、内容の濃い、非常に熱い作品になっているので、ぜひぜひ読んでみてください!

無料漫画アプリ、マンガKINGのダウンロードはこちら

マンガKINGは持ってなきゃ損?!その理由とおすすめ作品を紹介します