映画で話題になった海上保安官【海猿】が漫画でも読める!

極限の人間を描く漫画【海猿】は知らない人が少ないといっても過言ではない、漫画ではないでしょうか。

作者は「佐藤秀峰」で海でのリアルな救難活動と恋愛を上手く絡めたストーリーは、大変興味を掻き立てられますね。

そんな映画でも大変話題になった【海猿】ですが、実は漫画の方も大人気なんです。

今回はそんな漫画【海猿】の見どころを分かりやすくご紹介します。

新人海上保安官・仙崎大輔が活躍する漫画【海猿】

19歳という若さで、新人海上保安官として務めることになった主人公「仙崎大輔」。

男性の職場ということで若気のいたりを発揮しながら、様々な救難活動を漫画の方でもコミカルかつシビアにこなしていきます。

そんな大輔の彼女として登場するのが、こちらも映画でお馴染みの記者の女の子スタッフ。

臨場感溢れる海上保安官の現場と、大輔と記者女の子の恋愛も気になるところです。

 

救難活動ということで、実際に映画ではかなりシビアなセットで行われたと言われていますが、その原作となったマンガの方でもリアルに描かれているので読み応えは抜群です。

また、【海猿】の作者である「佐藤秀峰」さんは【ブラックジャックによろしく】などの名作も手がけている方なので、その作風が好きなファンの方にはたまりませんね。

海上保安官の過酷な海の救難活動

海上保安官は海の最後の砦と言われているだけあって、漫画の中でもかなりシビアな訓練を行なっている様子が描かれています。

実際にも海上保安官は日々過酷なトレーニングを積んでいる職業であり、そのような風景を実際に取材して描いたと言われているだけあって、細部までこだわって漫画化されているのが【海猿】ですね。

映画【海猿】を観たことある方なら是非とも読んで欲しい作品!

映画の【海猿】を一度でも鑑賞したことがある方は、漫画の方の【海猿】も是非とも読んで欲しいところです。

きっと読み出したら止まらなくなると思いますので、そんな方は無料で読めるマンガKINGで読んでくださいね。

マンガKINGは持ってなきゃ損?!その理由とおすすめ作品を紹介します