料理好きにはたまらない!パワフルすぎる名作料理漫画【食キング】

料理漫画の中でも特に名作と呼び名が高い漫画【食キング】。

物語は主人公「北方歳三」が売れない飲食店を救っていくという内容であるが、作中に出てくる料理の再現性がすごくて読んでいたらヨダレが出て来そうなぐらい、魅力溢れる内容となっています。

作者は「土山 しげる」さんで、最近の料理漫画にない読み応えのある大変面白い料理漫画ですね。

料理屋の再建物語【食キング】

料理に愛情を注ぐことで人の心を掴みとる天才と言われている主人公「北方歳三」は、どんな料理にも食べる人のことを想って作られている心が必要と作中で説いています。

そんな北方の作る料理はどれも食べる人のことをしっかりと考えたものが多く、一度食べてみたいと感じるほどの逸品ばかり。

プロフェッショナルな考えを持っている北方は、子供の弁当にも食べる人を想う気遣いがないと美味しくないと言っています。

ショッキングからちなんで名付けられたタイトル

漫画【食キング】は実はショッキングという言葉を元に付けられたタイトルで、ファンの間では有名な逸話ですね。

売れない飲食店の原因を追求し、なぜ売れないのかを亭主に分からせるために自ら腕を振るう主人公北方の姿は、まさにプロの料理人の姿そのもの。

ダメ亭主にズバッというセリフは、とても爽快感がありますね。

主人公”北方歳三”から目が離せない!

最近の料理漫画にはない何か強い想いとも言えるものが感じられる【食キング】ですが、実際に読み始めるとかなりハマるので是非とも料理に興味が有る無しに関わらず一度読んでみてください。

また、読む際にはマンガKINGを利用すると無料で読めるので、そちらを活用してみてくださいね。

マンガKINGは持ってなきゃ損?!その理由とおすすめ作品を紹介します