広告漫画というジャンル「山科ティナ短編集」

1.画から伝わる胸キュン漫画

こちらの作品、タイトル通り画に絶大な可愛さがあるんです!たまには可愛くて胸がキュンキュン(古っ)する漫画が読みたいなぁーと思ったらこの画が目に入ってきました。

なんつー上目遣い!狙ってますよね。完璧です!!いやー、こんな目で見られたらこの男の子同様にやられますって。

最近は長編のドロドロした作品にはまって、漫画アプリ「漫画KING」で無料読みしていたんですが、続けて読んでると胸焼けするのでちょっくらこちらの作品で浄化しました。

こちらの作品、知らなかったのですが、「広告漫画」というジャンルらしいんです。知ってます?そんなジャンルがあること。

「山科ティナ」はその道では有名のようですね。たしかにこの画、広告にありそうなタッチですよねー。そうそう、作者の山科さん、平成生まれなんですよ。お若い!しかも、アメリカ生まれで幼少期を中国で過ごし、16歳で漫画家としてデビューして、こちらの作品は東京の大学在学中の作品。なんともイカした経歴です。

まぁ、そんな山科さんの作品を読んでみたので感想を書きますね。マンガキングで短編集として全3作が無料だったので、各話についてネタバレしない程度に書きます。こちらの短編集はオチ的なものがあって、そこは話してしまうと楽しめなくなっちゃうと思うので読んでのお楽しみに!ちなみに、山科さんはこちらの作品の最初と各話の終わりに感想書きをするんですよね。この作品への思い的なやつ。

文章もさることながら、字が可愛い!と思ったのは私だけ?

2.グッバイプレイリスト。

漫画のテーマは「記憶と音楽」だそうです。音楽好きのカップルが日本中を旅しながら、その場所に合った音楽を選んで思い出作りをするお話。タイトルのグッバイを意味するオチは読んでのお楽しみに。

ふと音楽を聴いたときに昔の思い出が甦ったり、その時の風景が頭をかすめたりするよなぁとしみじみ感じた作品でした。

こちらは、SonyMobileとのコラボ広告です。画の中でもバッチリ宣伝されてます。

3.プレゼント・ハラスメント!

好きな女の子にプレゼントをしまくる男の子のお話。プレゼントのセンスがなんとも悪く、ハラスメント化している状況。そんなときに女の子の友達に助言をもらってハラスメントから起死回生を狙います!

こんな男の子いるの?(笑)と思ってしまうくらい純粋で鈍感過ぎる主人公を応援したくなります。

こちらは、Lineとのコラボ広告です。Lineギフトって知っていますか?

4.どうしてパパはカメムシになったの?

タイトルっ(笑)ってなりません?こちらは小さい娘を持つお父さんが主人公。このお父さん、事故で死んでカメムシに生まれ変わるんです。カメムシって・・・。「臭い」オヤジ繋がりなんですよね(笑)カメムシに生まれ変わって娘を密かに見守るんですが、お母さんは働き詰め、それでもお金がなくて我慢ばかり強いられる娘を間近で見ることに。何の助けにもならない自分にもどかしさと後悔ばかりのお父さん。そんなお父さんに今できることは?

こちらは、ライフネット生命とのコラボ広告です。あ、生命保険かけてるってオチ?とお思いでしょう。違いますよ~ん。こちらのオチも読んでのお楽しみに!

3作品とも広告漫画の短編集ですが、ストーリーはちゃんとしていていずれもほっこりする癒し系作品です。皆さんもこちらの作品で心の浄化をしてみませんか。

 

マンガKINGは持ってなきゃ損?!その理由とおすすめ作品を紹介します